【漫画】この音とまれ!(16巻)

2021年9月27日

どうも、ガミです!

今回は【漫画】この音とまれ!(16巻)です(^-^)

年も明け、あっという間に4月。新入生たちが入ってきます。

新入生たちが入ってきます。

和装男子、和装女子。かっちょいい演奏!

たくさんの新入部員!ヨッシャー!と思ったのもつかの間、練習量を聞かれてすばらしいぐらいに正直に答える滝浪先生と久遠。

みんな、ドン引きで去っていきます(笑)

強豪校として歴史があれば、有能な人が集まってくるんでしょうが、そういうわけではないのでここが苦しいところですね。
まぁ、全国大会に向けて、練習の質や量を落とすわけにはいかないので仕方がないでしょう(^_^;)

そんな中、残ったのが2人。

残ったのが2人。

もやしっこっぽい由永(よしなが)。

リズム感が半端なく良いドラマーの百谷(ももや)。

いろいろとキャラが濃そうな2人が集まってきました。

由永と久遠のやりとりも見どころです。

噂では最悪の評判の久遠。しかし、実際に見る久遠はそんなことはない。そんな噂を信じて変な態度をとってしまった由永。にも関わらず、親切な久遠。

由永、超反省。このままではいけない、変わりたい!もいう思いから教室を飛び出ました!

そして次巻へ(^ ^)