【漫画】この音とまれ!(11巻)

どうも、ガミです!

今回は【漫画】この音とまれ!(11巻)です(^-^)

天泣を、晶とさとわ、で弾く。

熟練者2人で弾く、演奏は、魅力的ですし、百聞は一見にしかず、と言われますように、うまい人の演奏を見ることは、とても参考になりますよね。

どんな世界でも共通すること。それが、周りにどんな人がいるのか。

その人のレベルが、周りのレベルを決める、ということも多分にあります。縁が大事と言われますが、縁を生かして、努力することもまた素敵だな、と思います。

とことん練習する久遠を心配する武蔵部長とのやり取りもまた感動ものですね。

そんな順調に見える中、何やら、悪いことを考えている鳳月会の弟子である堂島晶の祖母。
さとわが鳳月会に戻って来れないように、潰す気です。

そんな祖母に対し、晶の反論。一生懸命さが全て報われるとは限りませんが、それでも、報われる可能性が増えることは間違いありません。

晶の変化。
母の変化。

色々な人の協力を得て、全国大会の予選開始です!