【漫画】ましろのおと(16巻)

まいど、ガミさんです(^-^)

【漫画】ましろのおと(16巻)です!

今回は母、梅子の暗躍(明躍?)により、物語が大きく転換しましたね。

祖父と祖母の馴れ初めからの、梅子の今。

納得の今だと思いました。ここまで慣れるのもすごいと思いますけどね。

その息子、若菜。

青森県、また津軽三味線の世界では有名でしたが、それを全国に売り出す梅子の手腕にびっくりです。

若菜に全国的に売れたい、という明確な強い欲はなさそうですが、梅子の「期間限定で協力してくれれば、それ以降、手出し・口出しをしない」という提案に、若菜は乗ります。

結果、すごいことに(笑)

売り出されるCDには、いろんなアーティストのタイアップ。

そして広告。

宣伝力大事ですね。

これからどんな展開になるか楽しみです!