【漫画】転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~(10~11)

★一応ネタバレ注意★

 

 

 

 

 

 

最強テーマーの魔法使いのお話ですね。

主人公のユージ、スライム使って最強です。賢者スキルもそうですが、スライム無双です。

スライムをそこまで使いこなせることがすごいことかもしれませんが、魔法書を読んだだけで習得できるスキルも最強です。

今回は、

救済の蒼月の資金源である「冒険者ギルドがある街からの収益」の源であるモンスターが集まってくる理由である

食料(草)を根こそぎ刈り取るという作戦を取りました。

その周辺に住むモンスターは、食べる食料をなくなれば、別の場所に移動する。

その食料をスライムに、刈らせる、という恐ろしい作戦。焼け野原です。

 

一つの収益源が無くなった中、救済の蒼月は農業で生計?を立てようとしますが、

この野菜たちもスライムたちよって駆逐されそうな勢いです。

 

その中、ある洞窟で魔法書を発見し、魔物を強化する方法を知り、

スライムの属性強化の方法を知ります。

これまた、チートです。どこまで強くなるつもりでしょう(笑)

 

ということで、救済の蒼月の件は1段落。冒険者モードに切り替わり、ギルドで仕事を選ぶところから次の話が始まります。

索敵能力を買われ、仲間になった冒険者たちと、サイのモンスターの討伐に向かいます。

しかし、目的としていたサイのモンスターには会えず、より強い存在のモンスター?と出会い、戦います。

「エンシェント・ライノ」という名前。

それはもう、普通のモンスターとは格が違う強さでしたが、よくよく対話をしてみると(テイマーの能力)、

悪いモンスターではなさそう。というか、そもそもモンスターなのか、というレベルです。

 

以前、人間から複雑な呪いをかけられ、死に場所を探しているかのような状態でした。

その状況を知ったユージは、その呪いを解除するためにいろんなことをしました。

呪いの強さが半端なかったですが、解呪の極みを使用したり、

スライムの属性重ね掛けを使用して、能力を高めて多くの呪いが無事解呪され、

呪いを解いてもらったお礼ではないですが、その主と呼ばれる始末(笑)

 

より強いメンバーが仲間に入った、ということでしょうか。

では、また(^-^)

今回も面白い展開でした!