【漫画】なまいきざかり。(20)

2021年3月29日

★一応ネタバレ注意★

 

 

なまいきざかり。の20巻でした。

なまいきざかり。

最初の話は、諏訪さんと宇佐見さん(大学生の方)でしたね。

自分の知らない男性と連絡先を交換していたと言うことで、嫉妬して、

喧嘩して、しかし、仲直りするという鉄板の流れです。

そのやり取りの中で、宇佐見さんから「先に謝らないで」という一言が印象的です。

本音を隠すために、とりあえず謝るということはありますが、そういったことはやめて、

本音で言って欲しい、ということで、あるあるじゃないでしょうか。

 

そして、次は、町田さんが、袴田くん(ライバル)の自宅に行き、書類を書いてもらう、

という、成瀬くん(主人公)の嫉妬が燃える展開と袴田くんとの関係性も変わってきていますね。

成瀬くんが、だいぶ辛抱強くなってきています。我慢しながら成長(笑)

 

あとは、高校バスケ部の宇佐見くん(高校生の方)と、マネジャーの姫野さんが、

良い感じに進展しそう、という話です。

一歩踏み出さないと、後悔するぜ、という成瀬くんの一言は効きますね!

最後の、ヒロインの町田さんが、実家の中で、良いお姉ちゃんとして家族を見てきため、

自分のことを押し殺すようなことがありましたが、その「隠していた部分」を見つけてくれた

成瀬くんに感謝している、と母親からの一言。

これも印象的でしたね。結構、自分のことを押し殺して生きている人もいますよね。

自分のリアル娘は大丈夫だろうか・・・。自由に生きているような気がするが・・・。

 

そんなこんなで、4つのテーマでした。

では、また次巻にて(^_^)